新世界訳
エホバの証人の聖書

ホーム >> NEW TESTAMENT >> ヨハネ 10:38



ヨハネ 10:38

◇ 新世界訳聖書 ◇ (エホバの証人)
しかしそれを行なっているのであれば,たとえわたしを信じないとしても,その業を信じなさい。それは,父がわたしと結びついておられ,わたしが父と結びついていることを,あなた方が知るようになり,常に知っているためです」。

◇ 新改訳聖書 ◇ (ファンダメンタル)
しかし、もし行なっているなら、たといわたしの言うことが信じられなくても、わざを信用しなさい。それは、父がわたしにおられ、わたしが父にいることを、あなたがたが悟り、また知るためです。」



 ここでは、ギリシャ語 εν (エン) をどのように理解し、訳出するかが問題となるようです。

 この問題については、ヨハネ 6:56の項とヨハネ 7:29の項とヨハネ 17:21の項で詳しく取り上げていますのでそちらをご覧ください。

 




 エホバの証人統一協会対策香川ネット正木弥氏が製作した「ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書」という文書はこの聖句についてこのように解説しています。



◇ 「ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書」, 正木弥 (表記等修正)

(14:10、11および17:20、21も同じ)
逐語訳(左)では"in"と訳されているのに、新世界訳(英文・中)では"in union with"に置き換えられています。これでは"in"で示される父と子の一体性、不可分性ひいては同一性が薄められ、"in union with"という外的連結性へと変えられています。新世界訳は、一貫して、キリストの神性、三位一体性を薄め、隠すように変えてあるのです。



 指摘されている残りの句も見てみましょう。



ヨハネ 14:10-11

◇ 新世界訳聖書 ◇ (エホバの証人)
わたしが父と結びついており,父がわたしと結びついておられることを,あなたは信じていないのですか。わたしがあなた方に言う事柄は,独自の考えで話しているのではありません。わたしとずっと結びついておられる父が,ご自分の業を行なっておられるのです。わたしは父と結びついており,父はわたしと結びついておられると[言う]わたしを信じなさい。そうでなければ,業そのもののゆえに信じなさい。

◇ 新改訳聖書 ◇ (ファンダメンタル)
わたしが父におり、父がわたしにおられることを、あなたは信じないのですか。わたしがあなたがたに言うことばは、わたしが自分から話しているのではありません。わたしのうちにおられる父が、ご自分のわざをしておられるのです。わたしが父におり、父がわたしにおられるとわたしが言うのを信じなさい。さもなければ、わざによって信じなさい。



ヨハネ 17:20-21

◇ 新世界訳聖書 ◇ (エホバの証人)
 「わたしは,これらの者だけでなく,彼らの言葉によってわたしに信仰を持つ者たちについてもお願いいたします。それは,彼らがみな一つになり,父よ,あなたがわたしと結びついておられ,わたしがあなたと結びついているように,彼らもまたわたしたちと結びついていて,あなたがわたしをお遣わしになったことを世が信じるためです。

◇ 新改訳聖書 ◇ (ファンダメンタル)
わたしは、ただこの人々のためだけでなく、彼らのことばによってわたしを信じる人々のためにもお願いします。それは、父よ、あなたがわたしにおられ、わたしがあなたにいるように、彼らがみな一つとなるためです。また、彼らもわたしたちにおるようになるためです。そのことによって、あなたがわたしを遣わされたことを、世が信じるためなのです。



 問題の内容はだいたい同じであるようです。