エホバの証人の聖書

ヨハネ第一 5:7-8

新世界訳聖書(エホバの証人)「証しをするものは三つあるのです。霊と水と血であり、その三つは一致しています。」

詳訳聖書(カトリック)「そしてあかしをするものは霊です。霊は真理であるからです。それで、あかしをするものが天に三つあります。み父とみことばと聖霊、この三つは一つです。また地に三つのあかしがあります。み霊と水と血です。これらのものは一致しています。」(一部省略)


 この点については、参照資料付き新世界訳聖書の脚注に説明が記されています。

『「三つあるのです」の後,シナ写,アレ写,バチ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペは,後代のギリシャ語諸写本およびウル訳クに付け加えられた語句を省いている。その付け加えられた語句は以下のとおり:「天には,父,言葉,そして聖霊; そして,これら三つは一つである。(8)また,証しをするものが地に三つある」。』

 これは、聖書から三位一体を証明したいと考えた人たちが、後代に聖書に加えたことばです。
 ちゃんとした聖書はこの句を省いています。

 新共同訳聖書では、他の挿入部分を扱うときのように、巻末の「底本に節が欠けている個所の異本による訳文」も用意せず、この挿入部分を全く無視してます。

新共同訳聖書(カトリックとプロテスタント)「証しするのは三者で、“霊”と水と血です。この三者は一致しています。」

 新改訳聖書や口語訳聖書も同じです。

 文語訳聖書では、7節から8節が8節にまとめられていますが、やはり同じです。

ヨハネ第一 5:8/文語訳聖書(プロテスタント)「証する者は三つ、御霊と水と血となり。この三つ合ひて一つとなる。」(表記簡略)


フレーム表示へ