エホバの証人の聖書

啓示 3:14

新世界訳聖書(エホバの証人)「アーメンなる者、忠実で真実な証人、神による創造の初めである者がこのように言う。」

新改訳聖書(ファンダメンタル)「アーメンである方、忠実で、真実な証人、神に造られたものの根源である方がこう言われる。」


 新改訳聖書で、「神に造られたものの根源である方」となっているところが、新世界訳聖書では「神による創造の初めである者」となっています。
 そのため、エホバの証人に反対する人たちは、「新世界訳聖書のこの聖句は改竄されている」と主張しています。
 新世界訳は改竄されているのでしょうか。

新約聖書翻訳委員会訳聖書(エキュメニカル)「アーメンである者、すなわち忠実にして真実なる証人、神の被造物の初めである者が、次のように語っている。」

 新約聖書翻訳委員会訳聖書の内容からすると、新世界訳聖書は改竄されているとは言えないようです。


 ここの部分は新世界訳の訳が字義訳ですが、三位一体論者はそれを違った意味に読もうとします。
 というのも、この句はそのままで読むと、イエスが「創造された方」であるという意味になるからです。
 これを「根源」つまり「源」と読み替えれば、イエスは「創造された方」ではなく「創造した方」となり、イエスは神であるという三位一体論とは矛盾しなくなります。
 些細な表現の違いが大きな意味の違いを生んでいます。

 この問題はさらに、コロサイ 1:15の翻訳とも関わっています。

新世界訳聖書(エホバの証人)「彼は見えない神の像であって、全創造物の初子です。」

新改訳聖書(ファンダメンタル)「御子は、見えない神のかたちであり、造られたすべてのものより先に生まれた方です。」

新約聖書翻訳委員会訳聖書(エキュメニカル)「この方は見えざる神の形姿。あらゆる創造の〔内で〕最初の誕生者」

 ここもやはり、新世界訳が字義訳となります。
 新約聖書翻訳委員会訳聖書は、わざわざ『〔内で〕』という語を付け加えることによって、新改訳聖書のような三位一体論的な読み方を真っ向から否定しています。

 高橋昌訳新約聖書は、この聖句を字義通りに翻訳しつつ、脚注において三位一体論との整合を取ろうとしています。

高橋昌訳新約聖書(第三版)(ファンダメンタル)「彼は、見えない神の似姿であり、あらゆる被造物の長子です。」

『「長子」には、第一人者、優位者、支配者の意味があります。』

 コロサイ 1:15は、文脈のコロサイ 1:16-17と関連があります。そちらもご参照ください。


 この聖句について、「エホバの証人統一協会対策香川ネット」正木弥氏は、「ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書」においてこう述べています。

ギリシャ語του Θεουは属格(英語の所有格)のことばです。そこで逐語訳でも、"of the god "と訳されているのです。従って新世界訳(英文)のように"by God" と訳すのは誤りです。その誤りを、新世界訳(日本語)は忠実に引き継いだので、「神による創造」と誤訳しました。「神の」と訳さねばなりません。そうするとギリシャ語のαρχηは「初め」ではなく"chief"とか"ruler(支配者)"あるいは"origin"とか"source(至源、根源)"と訳すほうが無理がありません。イエスは創造者ですから、創造や創造物、時間などより前からおられた方であることは、聖書の全体から言えることです。新世界訳が「神による」と訳したいのは、イエスが被造物である、というものみの塔の教理が先にあるからです。その前提を離れて素直に訳せば「神による」と変える必要がないのです。

 彼の示している属格についての説明は、ギリシャ語の属格のひとつの用法の説明としては認められると思います。しかし、属格の用法は多岐に及びますので、これをどれか特定の用法に読まなければならないと言うことは難しいようです。そもそも、ギリシャ語の見地から考えると、ここを「神の」と読むのも「神による」と読むのも大差ないようです。これは日本語や英語でも同様で、あまり気にするようなことではないように思います。
 これを「神の」と読むにしても、「神による」と読むとしても、その「神」というギリシャ語に定冠詞がついていることが重要です。聖書の中で定冠詞のついた「神」は必ずイエスではなくエホバを指していますので、これをヨハネ 1:1における「神」のように「イエスの」もしくは「イエスによる」と読むことはできません。そうすると、コロサイ 1:15との関わりから、これに「根源」という訳語を当てるのはむしろ不自然ということになります。
 問題なのは、すでに述べているように、「初め」もしくは「根源」と訳されているギリシャ語をどう読むかで、その判断には正木氏の考える属格の用法は影響しないようです。


 この聖句について「ものみの塔」誌1975年6月15日号がこのようなことを述べています。

神学者アルバート・バーンズは,「初め」あるいは「根源」と訳されているギリシャ語について次のように述べています。「この語は物事の初まりを示しており,創始者であることを示すものではない。そして時間における首位,地位における首位を正しく示すが,何かを存在させるという意味での首位を示すものではない……ゆえにこの語は,その方が何かを存在させるという意味で,あるものの初めであることを示すものとして,創造者という意味には用いられていない」―バーンズの新約聖書注解,1569ページ。
このあと,この神学者はキリストが創造されたという意味に黙示録 3章14節(口語訳)をとり得ることを認めて,こう述べています。「キリストがたしかに創造された者であり,神の造った最初の者であることが他の箇所から示されるならば,この語がその事実を適確に表明するものであることは否定できない」。
三位一体論者であるゆえにバーンズはこの事実を受け入れず,他の聖句はイエスがみずから創造者であり,したがって創造された者ではなくて永遠であることを証明していると主張します。


 ここでの問題点は、三位一体論に合わせて訳されたコロサイ 1:15が、三位一体論に合わせて訳された啓示 3:14の訳文を正当化しているということではないでしょうか。じゃあ三位一体論に合わせて訳されたコロサイ 1:15の訳はどうやって正当化されるのかと言えば、今度は三位一体論に合わせて訳された啓示 3:14が使えるということであるようです。

フレーム表示へ