新世界訳
エホバの証人の聖書

ホーム >> INTRODUCTION >> 著作権情報



 このサイトには、聖書のみならず専門書等からの引用が非常にたくさんあります。「いったいこのサイトの著作権はどうなっているのだろう?」と思われる方もおられるでしょう。

 日本では著作権は著作権法等で保護されており、著作物の「転載」もしくは「複製」が禁じられていますが、「引用」は認められています。ですから、妥当な理由があって適切な部分を適切な方法で引用するのであれば法に違反していることにはなならない、というのが引用に関する一般的な見解です。
 私としては、引用に許諾を求めているところに対しては、なるべく手段を講じて事後報告するという方針を立てています。
 日本聖書協会のように、著作権表示を厳密に行うよう求めているところについては、このページで表示を行います。

◇ 引用されているすべての著作物の著作権はその著作者にあります。

日本聖書協会については、「ホームページへの聖書の引用について」という文書を公表しており、許諾のための以下の指針を掲げています。



◇ 「ホームページへの聖書の引用について」, 日本聖書協会 (表記訂正)

1.本文を誤りや変更なく引用すること。
2.「日本聖書協会発行の、どの訳からの引用か」を明示すること。(著作権法第48条)
3.引用は250節以内であること。(下位ディレクトリ全体を含む)
4.当該ホームページのURL (アドレス) を日本聖書協会に報告すること。

以上4点を遵守していただければ、出版物などの場合に発行しております「著作権使用許諾書」を発行せずに許可を出させていただいております。



 本サイトは以上の手続きを行い日本聖書協会から許可の文書を得ております。



◇ 日本聖書協会からの文書

ホームページへの当協会発行聖書の引用のお知らせをありがとうございます。
宮原様のホームページを拝見し、当協会ホームページにあります聖書の著作権についてご確認の上ご使用いただいていることを確認いたしました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2001年1月15日



日本聖書協会の聖書の著作権は以下の通りです。
新共同訳聖書 : 共同訳聖書実行委員会 (Executive Committee of The Common Bible Translation) ならびに日本聖書協会 (Japan Bible Society , Tokyo) 1987,1988,1995年。
共同訳聖書 : 共同訳聖書実行委員会 (Executive Committee of The Common Bible Translation) ならびに日本聖書協会 (Japan Bible Society , Tokyo) 1978年。
口語訳聖書 : 日本聖書協会 (Japan Bible Society, Tokyo) 1954,1955年。
文語訳聖書 : 日本聖書協会 (Japan Bible Society, Tokyo) 1972年。

日本聖書刊行会については、「新改訳聖書における聖句引用について」という文書を公表しており、許諾のための以下の指針を掲げています。



◇ 「新改訳聖書における聖句引用について」, 日本聖書刊行会 (表記訂正)

1.聖書本文を誤りなくそのまま引用すること(変更の禁止)
2.引用聖句は250節以内とすること
3.「日本聖書刊行会発行の新改訳聖書から引用」を明示すること
4.完成した見本を日本聖書刊行会に納入すること
5.ホームページの場合はアドレスを日本聖書刊行会に文書で報告すること



 本サイトは以上の手続きを行い日本聖書刊行会へ報告文書を郵送しております。

日本聖書刊行会の聖書の著作権は以下の通りです。
新改訳聖書 : 日本聖書刊行会。

◇ その他多数について該当著作者に引用の報告を行っております。

◇ 本サイトからの引用は自由です。引用の際には引用元を明示していただけますと幸いです。