エホバの証人の聖書

ローマ 10:13

新世界訳聖書(エホバの証人)「「エホバの名を呼び求める者はみな救われる」のです。」

新改訳聖書(ファンダメンタル)「「の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。」


 「フリーマインドジャーナル」1994年6月号に掲載された、「新世界訳聖書における改竄」リストは、この聖句についてこう述べています。

『「」が「エホバ」に差し替えられている。この改竄は、13節で言うところの「主」が9節で言うところの「主」とおなじであるという事実をはぐらかすものである。イエスの神性を否定するエホバの証人の教えにしたがって聖句が改竄されている。ギリシャ語キュリオスは「主」と訳される語だが、新世界訳聖書ではこれを200を越える箇所において「エホバ」に訳し変えてしまった。エホバの証人は、これこそが神の唯一にして適切な呼称であると主張する。しかしながら、ギリシャ語を話すユダヤ人たちは、そのギリシャ語七十人訳旧約聖書(セプトゥアギンタ)において、“ヤーウェ(「エホバ」の語源となった)”に代えて「神」もしくは「主」という語を一貫して用いていた。さらに聖書は、「神」や「主」、「ヤーウェ(エホバ)」でない幾十もの名前で神を呼んでいる。』


 どうやら、フリーマインドジャーナルは、『エホバの証人は、聖書の神を呼ぶのに「主」とか「神」とか聖書にでてくる「エホバ」以外の名前とかを用いることを否定し、「エホバ」の名前でしか神を呼ぱわらないことにしている』と言いたいようです。
 いつものことですが、フリーマインドジャーナルの主張には無理があります。エホバの証人は神名「エホバ」を重んじますが、それは神を呼ぶ他の名や称号を否定してということではありません。

 ギリシャ語を話すユダヤ人たちが、彼らのギリシャ語訳聖書において“ヤーウェ”を「主」とか「神」とか言い換えていたという説明ですが、これは過去の定説であるという説明が「“エホバ”発音問題」の記事の中にありますので、そちらのほうをご覧ください。一部、このようになっています。

『しかし、今では、神の名前にヘブライ語の“YHWH”を用いたセプトゥアギンタ写本が発見されています。これは、それまで知られていた写本より古く、たとえば1世紀から2世紀のものです。これにより、定説は覆されます。』

 また、ローマ 10:13節の「主」が「主イエス」ではなく「主エホバ」を指していることは「“エホバ”復元問題」のほうでわかりやすく取り上げていますので、そちらのほうをご覧ください。

 指摘されている文脈を見てみましょう。

ローマ 10:9-13
新世界訳聖書(エホバの証人)「その『あなたの口の中にある言葉』,つまり,イエスはであるということを公に宣言し,神は彼を死人の中からよみがえらせたと心の中で信仰を働かせるなら,あなたは救われるのです。人は,義のために心で信仰を働かせ,救いのために口で公の宣言をするからです。聖書は,「彼に信仰を置く者はだれも失望させられない」と言っています。ユダヤ人とギリシャ人の間に差別はないからです。すべての者の上に同じ主がおられ,この方はご自分を呼び求めるすべての者に対して豊かなのです。「エホバの名を呼び求める者はみな救われる」のです。」
新改訳聖書(ファンダメンタル)「なぜなら、もしあなたの口でイエスをと告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」ユダヤ人とギリシヤ人との区別はありません。同じ主が、すべての人の主であり、主を呼び求めるすべての人に対して恵み深くあられるからです。「の御名を呼び求める者は、だれでも救われる。」のです。」

 最初のほうで「主」と呼ばれているのはイエスです。一方、あとのほうの「主」は、引用元のヨエル 2:32(新共同訳聖書ではヨエル 3:5)を確認すると、それが「主」に置き換えられた「エホバ」であることがわかります。そうすると、あとのほうの「主」を「エホバ」に戻していないような聖書(普通の聖書)では、あとの「主」をイエスと読み違えることがあります。しかし、新世界訳聖書にそのような問題はありません。

 ここでは、神の独り子であり、聖書自身が「神の栄光の反映またその存在そのものの厳密な描出」と述べるイエスの名を呼び求めることが、その神性の源である神の名を呼び求めることにつながっていくということが示されています。ですから、聖書のここの部分だけを見ていると、三位一体論者が言うような「イエス=エホバ」という解釈も可能です。フリーマインドジャーナルはそのことを言いたかったのかもしれませんが、そうだとしたら、かえって新世界訳聖書のほうがわかりやすいように思います。


フレーム表示へ